夢真ビーネックスグループのパーパス

幸せな仕事を通じて
ひとりひとりの可能性を
ひらく社会に

社会との接点の扉ひとりひとりの多様な扉

扉は「幸せな仕事」への機会であり、道しるべ

就業機会
トレーニング・研修
キャリア相談

パーパスに込めた思い

ひとりひとり「幸せ」のあり方が違うように、
働く人にとっての「幸せな仕事」も
多様であると考えます。
働く人ひとりひとりの「幸せな仕事」に向けて、
たくさんの扉を創り続けること。
それが私たちの役割です。

扉とは可能性をひらく機会であり、
「幸せな仕事」への道しるべです。
例えば、ある人にとっては、
新しい仕事へのチャレンジ。
ある人にとっては、
研修やトレーニングでのスキルアップ。
ある人にとっては、
これからのキャリアについて相談する時間。
どの扉をひらくか迷った時、
扉が重すぎて一人ではひらかない時、
私たちは、働く人の側に立って
扉をひらく後押しをします。

次への扉をひらく時、人は必ず成⻑し、
社会を前進させる力になると信じています。
ひとり、またひとりと、
次への扉をひらく人を増やし、
「幸せな仕事」に向かって進む力で社会を
より多彩に、そして豊かに。
私たち夢真ビーネックスグループは、
そのような未来を創っていきます。

パーパス実現への取り組み

パーパスの実現度を様々な要素で捕捉し、
その広がりを指標化するのが
5つの<幸せ指数>です。
<幸せ指数>の進捗と業容の拡大をともに
実現することが、
持続的な企業価値の向上へつながります。
なお<幸せ指数>の進捗状況については、
非財務情報」で開示しています。

幸せ指数 1社員数

BY25目標
30,000

当社パーパスの広がりの尺度として、社員数の増加は最も広がる可能性を有する指標であるため<幸せ指数>の一つとします。
中期経営計画<BY25>では、期間末(2025年6月末)において「国内当社グループにおける就業者数30,000名」を掲げています。

幸せ指数 2仕事との出会い

BY25目標
50,000

当社パーパスにおいて、新しい仕事に就業する機会(パーパスでイメージする扉)の数は重要であると考えます。
中期経営計画<BY25>の期間末(2025年6月末)までに、当社グループでの就業を通じて増える扉の累計数は、当社パーパスの実現度の測り方として<幸せ指数>の一つとします。

幸せ指数 3ステップアップ

BY25目標
6,000

当社パーパスの実現には、社員が未経験から成長し活躍する力を身に付ける機会(パーパスでイメージする扉)を活かすことが必要です。そこで国内エンジニアのうち、当社が認定するミドルレベルに到達する社員の累計数を<幸せ指数>の一つとします。

幸せ指数 4定着率

BY25目標
85
%

当社パーパスの価値観は、次の成長機会のための退職も個人にとっては必要な選択肢(パーパスでイメージする扉)であると考えています。社員の継続的な就業による定着率の向上に取り組むものの、当社パーパスに照らし合わせると定着率の高さが必ずしも好ましいわけではありません。仕事振りが評価されて客先へ移籍するための退職者数(移籍者数)を含め、年度ごとの定着率の向上を<幸せ指数>の一つとします。

幸せ指数 5エンゲージメント

BY25目標
1.2

当社パーパスの推進には、社員がやりがいをもって就業している状況であることが重要であると考えています。当社グループ企業の主要事業は派遣であるため、所属会社のみならず就業先やバックアップ体制に関するエンゲージメントを計測し、独自のスコアとしてその向上度を<幸せ指数>の一つとします。
スコアは、当社グループ企業を他の人にお勧めするか、キャリア相談などに満足しているか、エンゲージメント調査に対して有効な回答(姿勢)を継続しているかを主に算定します。

パーパスの実現に向けた
中期経営計画BY25

FY2022.6からFY2025.6までの4ヵ年を対象とした
「夢真ビーネックスグループ中期経営計画BY25」
を策定し、
パーパスの実現を目指してまいります。

中期経営計画の詳細はこちら