進呈するカレンダーは、グループ内古紙のリサイクル加工 | ニュース | News
お知らせ

進呈するカレンダーは、グループ内古紙のリサイクル加工

当社グループ企業では、毎年12月に取引先企業へオリジナルのカレンダーを進呈しています。

このカレンダーには大きな特徴が2つあります。

①特例子会社(グループ企業)が制作の全工程を担っている
特例子会社※である当社グループ企業の株式会社ビーネックスウィズ(BNW)が、再生紙の生産(紙すき)、デザイン、印刷、裁断加工、組み立てなど、全工程を担っています。

※特例子会社:障がい者の雇用に特別に配慮した子会社。2021年4月時点でBNWの全従業員177名の内、障がい者は144名。

②グループ内古紙をリサイクルした再生紙に印刷している
グループ各社から回収した古紙(コピー用紙の類)などを溶解し、紙すきを経て再生紙化。この用紙がカレンダーとなっています。

本用紙の配合は、グループ内古紙が約60~70%、強度を保つための使用済みダンボールが約25~35%と、約95%がリサイクル原材料です。

BNG_9241_1500_1000_2.jpg実際に進呈している2022年カレンダー


当社グループのSDGs取り組みを紹介している以下ページに、「障がい者雇用」や「リサイクル」に関する考え方を記載していますので、あわせてご確認ください。

https://www.yumeshin-benext.co.jp/sdgs-esg/sdgs/

Latest Article
最新のニュース